トラウマ アルコール依存症 暴力

Image Replacement

アルコール依存症の親から受けた暴力からの解放

アルコール依存症の親の暴力でトラウマを持つ人は、大人になってもその苦しみから逃れられないで苦しんでいます。そんなあなたに実践してもらいたい自分を取り戻して楽に人生を生きるための方法の紹介です。

アルコール依存症の親から受けた虐待は深い心の傷になってあなたを苦しめています。

あなたがまた同じ過ちを繰り返さないためにもあなたは自分の心の傷と向き合い心の傷を癒す必要があります。

虐待専門カウンセラー岡田ユキの【虐待根絶マニュアル】
〜機能不全家庭に育ったアダルトチルドレンのあなたへ。虐待のトラウマを解消できるAC判別法とは?〜


暴力によるトラウマを消したいなら

暴力のない家庭を夢見ていたのに・・・

ac-5.gif

絶対に私が育った家庭のようにしたくない・・・
お父さんが私たちを理由もなく殴りつけつけたような親に私はならない。
お父さんを狂わせたお酒が憎い!
私は生涯、お酒は飲まない。


アルコール依存症の親から暴力をふるわれて育ち、安心できる温かい家庭というものを経験することなく成長した人はごく普通の温かい家庭にあこがれて育ちます。

父親も外ではいろいろ苦労することも多いはずですが、気弱な人ほどそれを表に出さずに気持ちを抑圧しているため、家庭という弱い立場にいる奥さんや子供に抑えつけていた怒りの感情をぶつけてしまうことが多いのです。
それもお酒が入ると・・・といった具合に。

えてしてこういう人は次の朝、しらふになると謝って二度としないことを誓いますが、夜になってお酒が入るとまた同じことを繰り返すのです。
>父親が暴れだすと家庭の中は戦場のようになります。
ときには命の危機に怯え、物が壊れる音や殴られて悲鳴をあげる声などで血管は常に萎縮し、精神的にもギリギリのところまで追い込まれることがあります。
なかには逃げたら殺すぞと脅されてその恐怖で次第に逃げることすらできないところまでいってしまう人もいます。

そんなに酷い夫なら子供を連れて逃げればいいのに・・・
そういう状況を経験したことのない人は簡単に言うでしょう。

でも本当に追い込まれてしまった人はそれができないことが多いのです。
この時、相談できる人が周りにいれば状況は変わるかもしれませんが、なかなかひとに相談できるものではありません。
日本に限らず、世界中で家庭内暴力に悩まされて苦しんでいる家族が大勢いるのです。

今でこそDVに対する認識も広まりましたが、ちょっと前までは警察に相談しても夫婦喧嘩だからと家庭のことには干渉しないケースが多く、その後で悲惨な事件となる場合もありました。

最近はDVの被害にあっている人が相談できる「女性センター」が都道府県や政令都市には一か所以上設置されていますのでDVに関する相談体制が整っています。

また最寄りの交番ではなく警察署の「生活安全課」で相談するほうがいいのです。

生活安全課では、DVやストーキング事案に専門的に対応していて、こうした問題に対処するために女性警察官が配置されているところもあるからです。

現在、夫などから暴力を受けて悩んでいるならすぐ「女性センター」か警察署の「生活安全課」に相談することをお勧めします。

ただ今現在ではなく過去の親からの家庭内暴力によって苦しみ、それがトラウマとなって未だに苦しんでいるのならあなたは自分の心の傷と真剣に向き合う必要があります。

あなたを変えるレポート

自分の生き方に
自信がない・・・


でもこのままで
いいんだろうか・・・


いや、いいはずがない!

自分を変えてもっと人生を楽しみたい!

そんなあなたに読んでほしいレポートです。

今なら無料で手に入れる事ができます。

>>レポートを無料で
手に入れる!<<


副作用なし!!
不眠症で悩む人や
朝スッキリ起きられない人に!

⇒■睡眠障害の改善に!
光目覚ましPER3